第6RC

産業廃棄物(粗大ゴミ)の仕分けを行う施設です。自社にて回収してきた産業廃棄物を品目・品種ごとに仕分け解体を行い、その後アリゲータープレス機にて圧縮した上、種類ごとに自社車両にて各資源化施設へ搬入し、それぞれリサイクル原料となります。常に外部から遮断し屋内作業を実施することにより機密を保持し、安心・安全な処理を実現しております。
また、蛍光灯は専用クラッシャーにて破砕処理を行い、水銀は分離・分別機を経て、水銀蒸留機にて蒸留し、マテリアルリサイクルされます。金属やガラスは無害化され、再資源化施設へと搬入されます。

第6RC
POINT1
POINT2
POINT3
監視カメラによるセキュリティー対策
監視カメラによるセキュリティー対策

設備・システム

  • 収集運搬
  • RC施設
  • 第1RC 産業廃棄物リサイクルシステム(缶・ビン・ペットボトル)
  • 第1RC+ 産業廃棄物リサイクルシステム(発泡スチロール)
  • 第2RC 産業廃棄物リサイクルシステム(廃プラスチック類など)
  • 第4RC 古紙リサイクルシステム
  • 第5RC 産業廃棄物リサイクルシステム(機密情報処理専用)
  • 第6RC 産業廃棄物リサイクルシステム(粗大ゴミ解体仕分け及び蛍光灯リサイクル)
  • 第7RC 産業廃棄物リサイクルシステム(発泡スチロール・データ滅却)
  • RC施設
  • special contents ゴミの歴史